カテゴリー
未分類

発達障害の下位分類

発達障害には3つの下位分類が存在します。一つはASDです。コミュニケーション能力が低く、ジョークや比喩の理解を苦手とします。他人の気持ちを推し量ったり、場の空気を掴んだりすることが出来ません。表情やジェスチャーで気持ちを察することもできないため、周囲の人がしらけていることに気付かず、自分のことをひたすら話し続けたりします。環境が急変した場合などに狼狽えるのが特徴で、予定が狂うと大変なストレスを受けてしまいます。他方、長所とも言うべき特徴もあり、関心事項に熱中することが出来ます。
二つ目はADHDです。ADHDとは注意欠陥多動性障害を意味する疾患で、注意が散漫であったり、衝動的な行動が目立ったりします。成人してからは我慢することを覚えて目立たなくなるのですが、子どもの頃は顕著に現れます。他の症状としては、忘れ物が多かったり、他人を攻撃してしまったりするのがよく見られます。こうした症状は結果的に周囲の人を困らせ、嫌われてしまう原因になります。
三つ目は学習障害です。学校教育では欠かせない能力である読み書きが、極端に苦手であるケースが典型例です。計算を苦手とすることもあります。それぞれの能力の高低が障害者間で全く異なるのも特徴です。例えば、書く能力は健常者と変わらないのに、読むことが全くできなかったり、その逆もあったりします。問題とされる能力以外は健常者と変わらないため、周囲の人が学習障害者と気付いてくれることは期待し辛く、時には努力が足りないと非難されることもあります。ですから学習障害の発見は得てして学習面以外に起因します。例えば、注意が散漫だったり、他人の気持ちが分からなかったりする場面で発見されるのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です