自己診断は禁物

発達障害について、なまじ知識を蓄えると、要らぬ心配をしてしまう人がいます。病院で受診する前に、自分の障害を疑う人です。気付くまでは結構なのですが、必要以上に不安になるのは禁物です。何故なら、素人の判断程当てにならないものは無いからです。実際、発達障害ではないかと不安になり、病院を訪れた人の多くは障害と診断されません。つまり健常者なのです。都内の某病院でも同様の統計が残っており、ASDは3割、ADHDは1割にしか見出せなかったとしています。しかもその比率には所謂グレーゾーンの人も含まれているため、本当の発達障害者は受診した人の3割弱ではないかと推測されます。
では残りの7割強の人は、何故自己診断で誤ったのでしょうか。その要因として考えられるのは、発達障害の症状の特徴でしょう。例えば、文章を書くのが苦手だったり、計算が苦手だったり、じっとしていられなかったり、友人と仲良くなれなかったりすることは、発達障害の典型的な症状ですが、共通するのは、健常者の特性としても不自然でないという点です。健常者であろうと、友人を作るのが苦手な人は沢山います。彼らは社交不安を抱えているわけですが、その不安が発達障害を想起するのでしょう。しかし冷静に考えて下さい。本当にASDの患者であれば、社交不安に囚われるよりも、只々鈍感であることの方が多いはずです。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です