発達障害者のために何ができるか

障害者のために環境を整えることは、保護者や専門施設だけの役割ではありません。社会全体が障害者のために工夫を凝らすことで、誰もが生きやすい環境を作ることが出来ます。例えば勤め先にADHDに罹患した人がいるとしましょう。彼は衝動的に行動してしまいますから、彼に仕事を任せる時はパターン化することが大切です。彼の記憶を信頼し過ぎたり、俯瞰する能力を要求したりすると、失敗し兼ねません。よく見られるのは目の前の仕事しか取り組めないケースです。このような配慮は、会社全体で共有するとよいでしょう。段取りの組み立ては他の人に依頼し、障害者にはパターン化された仕事をお願いすればよいのです。
ADHDに関して言えば、他にも社会が気を付けるべき症状が認められます。ADHDに罹ると、視覚認知、空間認知に欠落が生じてしまいます。例えば勤め先で書類を保管するのは基本的な業務ですが、空間認知に問題のある人は整理整頓が叶いません。特に保管場所が頻繁に変わるようなケースでは、混乱してしまいます。対策としては、障害者専用の保管場所を設け、移動させないことが大切です。一覧表を貼りだしてみるのも効果的でしょう。また大人のADHDの症状には、非礼を働いてしまうというものがあります。通常、報告、相談には、実行するのに適切なタイミングが存在します。障害者はそのタイミングを掴むことが出来ないため、報告は定期的に行ってもらうとよいでしょう。フローを作成するとより分かり易いものとなります。報告の仕方についても配慮が必要です。障害者は口頭報告を苦手とすることが多いので、メモに文書化するなどして対応します。内容ごとに相談する相手を設定し、フロー化すると戸惑うこともないでしょう。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です