発達障害者の長所

発達障害者に優しい社会、職場を作ることは、我々の責務です。しかしながら、会社は利潤を追求する組織であり、時には障害者の言動が会社の方針にそぐわないこともあるでしょう。特別な配慮には手間と時間が掛かりますし、同僚も億劫だと頭を抱えるかもしれません。確かに障害者のこなせる仕事量が貢献度の高いものとは言い難いのも事実ですが、他方、障害者の方が向いている仕事もあるのをご存知でしょうか。例えばASD罹患者の中には、集中力の並外れた人が少なくありません。普通の人なら単純作業を長時間こなすことは難しいものですが、彼らならそれを簡単にやり遂げてしまいます。しかもミスのほとんどない、完璧な仕事を実現するのです。また集中力があるということは、関心のある分野で驚くべき調査力を発揮できます。専門書を調べ上げるなどすれば、普通の会社員なら音を上げてしまいますが、ASD罹患者に任せると膨大な知識を習得してくれるのです。さらに、ASDがもたらす性格が、良い方向に機能することがあります。気後れしない性格なので、物怖じせず進言したり、独自の構想を披瀝したりすることが出来ます。イノベーションを求める会社の中では、優秀な人材として扱われることも珍しくありません。
確かに会社は一般的に協調性を求めます。同僚の中には発達障害の症状に我慢できない人もいるでしょう。しかし発達障害の特性が会社に貢献する部分は小さくないと知れば、理解に向けた機運も高まるのではないでしょうか。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です