周囲のサポートの重要性

 

幼稚園、保育園、学校、などで、発達障害をもつ子どもたちの親御さんと関わりをもつ、先生方や相談員には、親御さんの内面的な日常のストレスを想像しつつ、労うようなサポートを心掛けしてほしいところです。子どもたちが社会性を育む、保育園や幼稚園、学校などの先生方は、親御さんにとっては、重要なパートナーであり、子どもたちを介した、最も身近な存在である事を再認識して頂きたいと感じています。複雑な環境や逆境に立たせられた時ほど、理解者という存在は重要となり、身近にいる事で乗り越えられる壁やハードルは多くなるはずです。学校など、親御さんの目が行き届かない公の場での、子どもの行動や様子を、親御さんに定期的に報告、連絡するような、繋がりも具体的な支援として有効なサポートと言えます。子どもの発達障害に不安を抱えた親御さんたちは、周囲に協力者や支援者がいるのだという、その存在を示す行為だけでも、安心感や解放感を得られるはずです。そのような親御さんたちの支えとなれるよう、子育てに寄り添う、見守る輪の社会づくりが、大切な支援を生み出します。外見や、日常的な振る舞いに、一見、障害があるように分からない、発達障害は、周囲からの誤解を受けやすく、周囲には相談しずらい一面を持ち合せています。当事者たちに、垣根をつくらせないような、周囲のサポートづくりを心掛けていきましょう。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です