発達障害者を支援するために知るべきこと

 

発達障害は、目視することのしづらい障害です。まずは、外見などからは、分かりづらいという事実を一般的な認知として広める事から、彼らを支える支援の輪としてつながっていくのではないかと考えています。もちろん認知度が高くなるにつれて、偏見や誤解が生じる可能性が広がりをみせる事もあるかもしれませんが、重要な事は、周囲に1人でも彼らを見守ってくれる存在をつくる事です。その他大勢から偏見を受けたとしても、1人の協力者が身近に居てくれる事で、彼らが自立していられるという事が重要なのです。発達障害者を見守る際のポイントをピックアップしてみました。

 

  • 発達障害をもつ人たちには、得意分野と不得意な分野がある事を意識して接する
  • 間違いを責めたり、強く指摘したりするのではなく、良い部分をほめてのばす
  • 発達障害者の短所を改善するのではなく、長所で短所をカバーするようなアドバイスを行う
  • 彼らが、思う通りに行動してくれない時でも見守り続ける
  • 偏った興味や行動に理解を示す

 

発達障害者の自立への支援として大切な周囲のサポートは、

  • 生活のしやすい環境づくり
  • 彼らにとっての適切なアドバイスを心掛ける

という事が重要です。

You might be interested in …

共に生きるということ

未分類

  発達障害をもつ子どもを取り巻く社会的環境とは、時に「台風の中の夜道を独り歩くようだ」と表現する人 […]

Read More

発達障害は人口に膾炙しているか

未分類

発達障害の認知度は、未だに高いとは言えない状況です。それでも昔に比べれば、話題にする人も増えているように思われ […]

Read More

「告知」の重要性

未分類

発達障害の子どもを育てる親御さんの中には、その障害をなかなか受容できないご両親もいらっしゃいます。発達障害は、 […]

Read More