療育施設「情熱!テラコヤ塾」

情熱!テラコヤ塾は、株式会社D&Iが運営している、発達障害児向けの療育施設です。個別指導にも集団指導にも心血を注いでおり、それぞれ「基礎学習コース」「生楽コース」と呼んでいます。対象年齢は幼稚園児から高校生まで幅広く受け入れており、対応できる障害も知的障害、自閉症、ダウン症、ADHD、アスペルガー症候群等、主たる疾患は全てカバーしています。子どもたちは障害の種別を問わず、得意なことと苦手なこととの有様が個人間で異なります。ですから情熱!テラコヤ塾では勉強が苦手な子どもにはAを、コミュニケーション能力に難のある子どもにはBを、といった具合に、一人一人に最適な学習プログラムを編成することによって、成長可能性を最大限まで引き出すことに尽力しています。

一般的にマンツーマンの療育施設では、担当者が指導や学習計画の立案、保護者との連絡といった業務を、全て一人でこなします。しかし情熱!テラコヤ塾では2人体制で臨んでいるため、より充実した療育を受けることが出来ます。指導する先生と計画を立案する先生とは、それぞれの業務に集中します。情熱!テラコヤ塾では後者をコーディネーターと呼んでおり、彼が保護者との連絡を担当しています。連絡はノート、電話、メールを全て駆使して行います。手厚いサポートはそれに止まらず、保護者向けの座談会、セミナー、個別相談等も随時開催されています。保護者が一方的に質問するのではなく、コーディネーターも保護者から大切な情報を聴き取ります。例えば学校での様子などを知ることによって、療育プログラムの編成に活かしているのです。

情熱!テラコヤ塾の運営元は、放課後等デイサービス「テラコヤキッズ」も運営しています。放課後等デイサービスの施設は、学校や家庭で仲間外れにされることの多い発達障害児の、貴重な居場所となり得る場所です。情熱!テラコヤ塾と同様、保護者との連絡を大切にしているとのことなので、関心のある人は問い合わせるとよいでしょう。
発達障害の療育においては一般科目の学習も大切ですが、それと同じくらいソーシャルスキルトレーニングも重要です。情熱!テラコヤ塾では、子どもたちの将来の自立に役立つプログラムを編成し、夢に向かって挑戦できるだけの環境を自ら切り開く能力を養成しています。具体的には、「生き楽コース」と呼ばれるプログラムで実践しています。このコースでは、社会生活に欠かせない自己理解を深め、毎月のテーマ、目標を掲げた上で、コミュニケーション能力を磨きます。また、進学に必要な受験のスキル、特別支援学校への入学準備方法等も伝授しています。

情熱!テラコヤ塾では保護者に向けたセミナーも随時開催しており、専門家の講師が障害年金のような特定のテーマについて詳しく講義しています。座談会では保護者同士が交流できるため、有用な情報を得ることが期待されます。このように情熱!テラコヤ塾が専門家を招くことが出来るのも、運営会社のD&Iのコネクションが物を言うからです。障害者雇用にコミットする企業と付き合いがあるため、多方面から協力を得ることができるのです。

情熱!テラコヤ塾への入所を考えている人は、まず無料カウンセリングを受けられることをお勧めします。電話でもインターネットでも可能ですから、余計な手間はかかりません。保護者としての希望を伝えるとともに、子どもの学力、性格、障害の詳細を教えると、それに基づいた指導計画案を提示してくれます。因みにカウンセリングは何度でも受けられるそうです。

You might be interested in …

同じ質問をしつこく繰り返す

Uncategorized

D君は3歳、通っている幼稚園では9月から運動会の準備が始まりました。するとD君、毎日先生に「運動会はいつ?」と […]

Read More

発達障害と「ローマ字」

Uncategorized

発達障害の中の分類にみられる「学習障害」と呼ばれる「読み・書き・計算」などの著しい障害が見られる子供達は、英語 […]

Read More