発達障害と「ローマ字」

発達障害の中の分類にみられる「学習障害」と呼ばれる「読み・書き・計算」などの著しい障害が見られる子供達は、英語の教育課程の中などで、その「特性」が顕著に表れることもあるようです。それまでの教科の中では、「ひらがな」「カタカナ」「漢字」もしくは、数字などを使っていた中に、「アルファベットのローマ字」が加わることで、その学習の混乱やパニックを起こしてしまうことがあるようなのです。「学習障害」の症状を持っている子供たちは、人の話をうまく聞き取ることができなかったり、文章を書くことが苦手、計算が苦手といったような子供達がいるのですが、そのような「学習障害」を持っている子供たちの学習内容に、英語の教科が、加わってしまうとローマ字が、「読めない・書けない」ということで、パニックや癇癪などを起こしてしまうようなこともあるのです。大人になっても新しい言語を学ぶということは大変困難なことで、すぐには習得できないものですが、「学習障害」を持っている子供たちは、生まれながらに、脳機能の障害によって、なかなか「読み・書きや、計算」がスムーズに行うことができませんので、ローマ字を学ぶことも、同じように一つ一つ手順を踏んだ中で、学習を構築していくことが良いでしょう。周囲の同年代の子供達から比較してしまうと、「発達障害」を持っている子供たちの学習力や、理解力はどうしても、そのスピードが遅いなどとされていますが、一つ一つ順を追って、理解することで、子供達の理解力の幅も広がってくるのですから、子供たちそれぞれの学習スピードに合わせた取り組みが必要でしょう。

You might be interested in …

療育施設「情熱!テラコヤ塾」

Uncategorized

情熱!テラコヤ塾は、株式会社D&Iが運営している、発達障害児向けの療育施設です。個別指導にも集団指導に […]

Read More

同じ質問をしつこく繰り返す

Uncategorized

D君は3歳、通っている幼稚園では9月から運動会の準備が始まりました。するとD君、毎日先生に「運動会はいつ?」と […]

Read More