発達障害「人間関係」

発達障害を持つ子どもたちが、、学校環境の中で周囲の友人たちとの接し方において、悩みを持つことが多いようです。学校の中で、お友達のグループを作るということは、自分の知識や興味を広げることにも繋がったりしますが、お互いの悩み事を話し合ったり、励ましあったりするような、大切な友人関係を築く上での、人生の中でも、貴重な青春時代となるはずです。人間は、成長とともに、様々な複雑な人間関係を育んでいくことになりますが、発達障害を持つ子供たちの中には、人間関係の中に、入り込む術を持たない子供達もいます。友人との会話が、噛み合わなかったり、グループの輪の中で、社交的な会話ができなかったりすることで、周囲から敬遠されてしまったり、自分からグループを離れてしまったり、孤立してしまうような状況が少なくないようです。発達障害を持たない子供たちであっても、学校の中での人間関係として、友人との関係性を築いていくことは、時として簡単なことではないかもしれませんが、発達障害を持つ子供達にとって、友人関係を築くということが、いったいどのような術を持って行えばいいのかといったような、その関係性の理解に苦しむこともあるようです。

You might be interested in …

療育施設「情熱!テラコヤ塾」

Uncategorized

情熱!テラコヤ塾は、株式会社D&Iが運営している、発達障害児向けの療育施設です。個別指導にも集団指導に […]

Read More

発達障害と「ローマ字」

Uncategorized

発達障害の中の分類にみられる「学習障害」と呼ばれる「読み・書き・計算」などの著しい障害が見られる子供達は、英語 […]

Read More

「発達障害」と「特別支援教育」

Uncategorized

「発達障害」を持つ子どもたちが、教育課程の中で、受けることのできる支援やサポートには、様々なタイプのものがあり […]

Read More